ホットヨガで肩がこる?頑張り過ぎて無理矢理ポーズをとることはやめて!

ホットヨガで肩がこる?頑張り過ぎて無理矢理ポーズをとることはやめて!

ホットヨガのデメリット

汗を大量にかく

これはホットヨガのメリットでもあり、デメリットだと思いますが、大量に汗をかくということですね。

水分の取りすぎや運動不足で余分な水分が溜まっている場合、ホットヨガのレッスンを受けると大量に汗をかくと思います。

そうすると、身体はスッキリする一方で身体がべたべたしてしまったり、下着もボトボトになってしまう。これを不快に感じてしまう方は、デメリットの1つになります。

 

レッスン後は眠くなる

LAVAのレッスンを受けたときがそうでしたが、呼吸の誘導がかなりうまく、身体がすごいリラックスできます。

そうすると、副交感神経が刺激されて自律神経が整うため、ふわ~っと眠くなってきます。

ストレスが溜まっている方などにとっては、プラスなんですけど、すぐにでも寝たいぐらいなので、車の運転をされる方は気をつけた方がいいと思います。

 

頑張りすぎると肩がこる

例えば、ストレッチングをするときに、痛みがある方が効果がありそうな気はしませんか?

ホットヨガをしているときに、身体が硬く、自分ができないポージングがあったり、周りはできているのに、自分だけできないのは恥ずかしいと思って、無理にポージングをとってみる。

そうすると、本来は筋肉がほぐれる効果が期待できるのに、

頑張りすぎた結果筋肉が緊張し、肩こりや首こり、身体の痛みにつながってしまうことがあります。

 

痛みの改善には適さない

腰痛があって、ホットヨガに通ってレッスンを受けると改善できるのでは?と考える方もいるかもしれませんが、ホットヨガで痛みの改善は難しいと思います。

というのは、痛みの原因によって対応は変わりますが、基本的には、

筋肉を緩める
姿勢や動作を改善する

ということが必要になりますが、原因に合わせてこの2つの内容を変化させる必要があるんですね。そのため、グループレッスンを中心とするホットヨガでは、そこまで行き届いた指導を受けることは難しい。

腰痛などの痛みの改善もできない可能性が高いですし、無理して行うことで痛みが増す可能性もあるので、注意が必要です。

 

https://i-hot-yoga.com/hotyoga-demerit